1-1 呼吸で何ができますか?

呼吸を教えるあなたに必要な「きほんの呼吸」講座

〜人間本来あるべき呼吸を教えなくてはならなくなった時代に〜

呼吸はヒトが生まれてから死ぬまでずっと繰り返す動作ですが、誰かに呼吸の仕方を教わるわけではありませんよね?トレーナーやインストラクター、治療家や療法士を中心に、「吸って」「吐いて」と行った指示を出したり、「深い呼吸は大切」と行った指導をされる事もあるけれど、どんな呼吸が正しくて、何を持って呼吸を「浅い」「深い」と言えるのか、実際にはっきりと理解している人はまだまだ少ないです。

実は「正しい呼吸」なんて存在しない、というのを知っていますか?実は「深呼吸や腹式呼吸が誤って解釈されている」ことを知っていますか?この講座では、正しい呼吸ではなく、人間本来あるべき「きほんの呼吸」に焦点を当て、なぜ呼吸が大切なのか、どんな呼吸がきほんの呼吸なのか、詳しく解説していきます。

「きほんの呼吸」が理解できて初めて様々な「呼吸法」が深みを帯びてきますし、自分の仕事に深みを持たせる画期的な考え方になるはずです。


概要


ー呼吸はなぜ大切か?


ーどうやって姿勢を見ますか?

ー呼吸のニュートラリティー

ー基本的な胸郭・肋骨の運動学

ー知っておきたい呼吸の解剖学

ー胸壁筋群と副呼吸筋について

ーシンクロ呼吸とパラドックス呼吸

ーどんな呼吸してますか?呼吸の観察

ーシンプルな呼吸エクササイズ

ー結局呼吸で何がしたいのか?臨床、セッション、現場での注意点

*受講前にオススメの書籍はこちらから!
https://www.toyo-shuppan.com/basic-breath/

完了して続ける  
ディスカッション

282 コメント